Why Hideo Saito Lab.?

先輩方はなぜ斎藤英雄研究室を選んだのでしょうか?

名前
斎藤(英)研究室に入った理由 斎藤(英)研究室の良いところ
博士
Siim Meerits
I entered Saito laboratory because it is doing leading research in computer vision area. This research field has seen major growth in last years and there are lots of interesting open problems. I believe that doing computer vision research today can have a really big impact on future applications and systems developed in industry. * There are many chances to participate in conferences both in Japan and abroad.
* There is lot of freedom in choosing the research topic since our laboratory is involved in many different computer vision sub-fields at the same time.
* It is possible to have many one-on-one conversations with Saito-sensei on your research direction and progress.
家永 直人
画像処理は多くの分野に関わることができると思ったから. ・先生が相談してくれる機会が多い.
・やりたいことをやらせてもらえる.
・やりたいことが特になくても研究テーマを色々提示してもらえる.
・企業との共同研究も豊富!
中島 由勝
・他研究室と比べ,学会発表など,対外活動を活発に行っている.
・結果が画像や動画など,視覚的に認識できる形で得られるため,トライ&エラーのサイクルを回しやすい.
・画像処理の分野は,例えば自動運転やプリクラなど,実用化への隔たりが小さい上,可能性も幅広い.
・研究テーマがメンバー間で独立しており,自分のペースで研究を進められる.
・研究室が広くてキレイ.
・みんないい人でみんな仲がいい.
八馬 遼
自分が作ったものが視覚的に表れるCVの分野かCGの分野に的を絞り、 美的センスなどの右脳的な能力を必要としない解析の分野でこれから 勉強していこうと思った。 資金が豊富で、研究室にいなきゃいけない!ではなく一人一人が自らの意志で 研究を進めている環境がいい。
先生が色々な研究課題を提案してくれるため、やることに尽きない。
山口 真弘
3年生の時の映像メディア工学の授業が面白かったから. コアタイムがないけど,ついつい研究室に行ってしまうような雰囲気の良さ!
先生にわからないところを相談しやすい!
研究室が広くて個人のスペースをたくさんもらえる!
修士2年
石川 礼
映像情報メディア工学が面白かったから.
先輩方が優しそうだったから.
先生も先輩方も優しく,気軽に相談ができる.
研究室に人がたくさんいることが多く,雰囲気がいい.
メンバーの仲がとてもいい.
大石 圭
自分の実装した結果が目で見てはっきりとわかる画像系の研究室に入りたかったから。 ・メンバーの仲が良い
・お金がある
・研究室がきれい
・指導教員と留学生が多い
小澤 岳大
・コンピュータビジョンは応用の幅が広く,やりたい研究が見つかると思ったから.
・学会発表を多く行っていたから.
・先生や先輩方と気軽に相談できる.
・研究に必要なものは何でもすぐに揃えられる.
・研究室に来るのが楽しみになるくらい雰囲気が良い.
・研究室外でもとてもアクティブで楽しい.
鶏内 朋也
斎藤先生にお父さん的な温かさを感じたから 先生,研究員の方が指導熱心で研究がはかどる
先輩,同期の向上心がすごく,雰囲気が良い
学会発表が楽しみ
黒部 聡亮
斎藤英雄研の先輩に薦められたから. ・自分のしたい研究をするのに必要な環境を全て整えてくれる.
・学部生のうちから,企業との共同研究をやらせてもらえる.
・先生が気軽に相談にのってくださる.
・研究室の雰囲気がとても良い.
前澤 桃子
結果が視覚的にわかりやすく,楽しく研究ができると思ったから.
先輩方が優しそうだったから.
・様々な研究課題を提案してもらえる.
・必要なものはすぐに買ってもらえる.
・先輩方が優しい.
・みんな仲が良い.
八木 賢太郎
コンピューターヴィションやAR,VR技術の研究に興味があったから. 学会発表や共同研究などで海外に行く機会が多いところ.
学年関係なく仲がよく,質問などしやすいところ.
修士1年
安藤 隆平
元々ARやVRの研究をしている研究室に興味があり、研究室見学に伺った際に見せてもらったORB-SLAMの動画に衝撃を受けたから。 ・研究室に行くことが楽しいほど、メンバー同士の仲が良い。
・自分の興味合わせて研究テーマを選ぶことができる。(テーマが豊富)
・共同研究を沢山行っていて、資金が豊富。
・斎藤先生をはじめ、研究室のメンバー全員が自分の研究の相談に対して、真剣に考えてくれる。
稲生 健太郎
発表の機会が多く、成長できると思ったから メンバーは皆仲が良く、賑やか
鬼木 一優
3年の立体キャプチャ実験で3次元復元に興味を持ったから、研究室の雰囲気の良さも決め手になった。 自由度の高さ。研究のアプローチや平日のスケジュールなどを自分で好きに決められる点。
菊池 俊基
* 機械学習・コンピュータビジョン・音声処理など複数の分野に興味があり,ここではその全てが研究できるから.
* やる気のある人は国際会議への投稿など高い目標に向かって頑張れる.そして,それを指導教員が支援してくれる.
* 学年によらず学生の仲がよく,コミュニティとしても楽しい.教員との心理的距離も近く,なんでも相談しやすい.
小林 巧
コンピュータビジョンの研究内容が面白そうだったから。 みんな仲が良く、研究室の雰囲気が良いところ。
学部4年
清水 友博
研究室の雰囲気がとにかくアットホームだったから 先輩方が優秀で何を聞いても教えてくれる.
みんなおしゃべり
本間 喜明
自分の研究を視覚的に表現することで、楽しみながら研究できそうだったから. ・将来自分がやりたいことに合わせた研究が出来る
・先輩後輩関係なく、研究についての意見交換ができる
・みんな研究を一生懸命にやっているので、自分も頑張ろうという気持ちになる
根岸 由佳
映像情報メディア工学の授業に興味があり、また、もともとメディア系の分野の研究に興味があったから ・先輩方がほんっっっっとに優しくて、助けてくれる
・自分が興味あることから研究していけるように、先生が導いてくださる
藤内 俊
もともと画像処理関連の技術に興味があり、画像処理(特に3次元形状再構築)に関する研究を行いたいと考えていた。情報工学科で画像処理(特に機械学習を用いない手法)を扱っている唯一の研究室であり、また3年次の実験や授業、個人的に行った研究室訪問などにおいて、実際に斎藤先生とお話をさせていただく中で、ある程度の自由度をもって研究対象を研究できるということが確認できたため、斎藤英雄研究室を選んだ。
・斎藤英雄先生が研究者、および指導者として優れた人物であること。
・研究室の学生が皆真摯に研究に取り組んでいるところ
・研究に必要な設備と資金が十分にそろっていること。