Hyper Vision Research Lab.

Hideo Saito Lab.

Abstract

斎藤(英)研究室は,斎藤英雄先生のもとで主にコンピュータビジョン(Computer Vision; CV)の研究を行っている研究室です.

研究室説明会
11月7日(火) 18:15~ @14-202
11月8日(水) 18:15~ @14-201
11月14日(火) 18:15~ @14-211
11月17日(金) 18:15~ @14-202

Research Fields

斎藤英雄研究室のメンバーは一人一つ以上のテーマを持っています.研究分野はComputer Visionをキーワードに理論研究から応用研究まで,色々なテーマがあります.

Computer Vision

CVとは,人間の視覚機能の計算機による実現を目指して人工知能研究から発展した分野で,ロボット用視覚システムのための画像から放送や映画の映像に至るまで,カメラで撮影した画像情報を認識・理解する研究です.3次元画像処理やAR (Augumented Reality)などに加え,スポーツのための画像処理も研究しています.

Machine Learning

CVと機械学習の相性は抜群です.一世を風靡しているDeep Learningはもちろんのこと,ノンパラメトリックな機械学習手法も研究に取り入れています.物体認識や検出だけではなく,ファッションスタイルの画像生成などといった新しいテーマにも挑戦しています.

Multimodal Processing

人は,眼(視覚)だけではなく,聴覚などの感覚や事前知識など様々な情報を用いて,状況を認識しています.画像だけでなく,音声や自然言語など,様々な情報を統合して処理する人工知能処理についての研究もしています.

Human-Robot Interaction

様々な画像センサをロボットの眼として活用し,環境や人の行動を理解することで,ロボットが人にとって自然なインタラクションをするための研究をしています.ロボット系の研究室とも連携し,ロボット実機での実証も行っており,メディアにもよく報道されています.

Others and Yours...

他にもたくさんの研究テーマがありますし,自分のやりたいテーマがあればそれをやることもできるのが斎藤英雄研究室の特徴です.

詳しい研究内容についてはぜひ研究室に遊びに来て私たちに聞いてください!丁寧に説明いたします.

Resources

Computational Resources

画像処理や機械学習といった研究はCPUやGPUを多く使います.そのため斎藤英雄研究室は計算資源も潤沢です.

研究室に配属されると一人一台最新のデスクトップPCがもらえます.
参考スペック(昨年): Intel Core i7-7700/RAM 32 GB/NVIDIA GeForce GTX 1070/4K display

また,Deep Learning用に共用のGPUサーバが複数台あり,Pascal TITAN X 4枚,Tesla K80 10枚の大規模な計算資源を自由に使うことができます.

Sensor/Device Resources

CVの研究にセンサーやデバイスは欠かせません.

Kinectや全方位カメラはもちろんのこと,温度カメラなどもたくさんあります.またHoloLensや距離センサ付きのスマートフォンなどデバイスも自由に使えます.
他にも研究で使いたいセンサーやデバイスがあれば,斎藤先生が購入してくれます.

Human Resources

斎藤英雄研究室には優秀で優しい先輩方がたくさんいます.
指導教員は6人,Dr.の学生は8人もいます.これは他の研究室よりも圧倒的に多いです.研究で困ったことがあれば,すぐに相談に乗ってくれるでしょう.

Spatial Resources

斎藤英雄研究室は,学生の部屋だけで5つの部屋があります.
当然,学生は1人1つの机が与えられ,そこで自由に研究することができます.

大きな機材を使った研究をする場合は,学生の部屋以外にも実験用の部屋を使うこともできます.

Annual Schedule

Feb.

基礎輪講

コンピュータビジョン,画像処理に関するあらゆる文献を読んで,その内容について実際にVC++を用いてプログラムに実装します.
先輩達が丁寧にアドバイスしてくれるので,プログラムが初めてという人でもここで勉強することが出来ます.
そして,文献の内容と実装の結果を自分なりに自分の言葉で要約し,自分の言葉で発表します.
文献を読み実際に実装する事で知識が,要約することで内容を理解する力が,発表することでプレゼンテーションの技術が身につきます.

Apr.

日本語輪講・自由課題

基礎輪講のプログラム講座の延長です.日本語の論文を読み,その中で実装できる部分をプログラムします.
基礎輪講と違い,先輩と相談したりしながら論文を選択し,実装を行います.課題の結果発表のプレゼンテーションも行われます.

Jun.

英語輪講

全部で2回行います.日本語輪講と違い,英語を理解しなくてはいけないので,かなり読解力がつきます. また,プレゼンテーション技術も自然と上昇していきます.3月の頃より格段に聞きやすくて分かり易いプレゼンテーションが出来るでしょう.

Jul.

本番輪講

今まで行ってきた輪講の論文から1つを選び,他の研究室の教員の前で発表します. 分かり易いプレゼンテーションと質問に的確に答えられる理解度が要求されます. 卒業のための必修単位です.

Sep.

合宿

1泊2日で遊べるだけ遊びます.

Oct.

卒論に向けて研究スタート

10月から卒論に向けた研究が本格的にスタートします.先生や先輩方が親身になって相談にのってくださるので心配はいりません!

Jan.

卒論発表

論文発表が通れば無事卒業です.

Lab Life

9:00

この時間に来てる人はちらほら...
コアタイムがなく,好きな時間に研究室に行けます.

12:00

この時間になると半分ほどの生徒がいます.
昼ご飯を食べていない人たちで食堂に行きます.

15:00

天気が良い日は,キャッチボールやフリスビーをすることもあります.

もちろん研究をしている人もいます。斎藤研には先輩に質問がしやすい環境が整っています。

17:00

研究の合間に雑談をすることもしばしば.

斎藤先生も交えてゲームをすることもあります.

19:00

研究室に来る時間が遅い分,この時間帯はまだまだ人がたくさんいます.みんなでサッカー観戦をすることや

週末などは外食に行くこともあります.

FAQ

Message from Prof. Saito

3年生のみなさん.斎藤英雄研のホームページを見に来てくれてどうもありがとう.
皆さんはこれから研究室に所属します.皆さんは,これまで長い間色々なことを学んできました.そして一人前の社会人(注:大学院生も,立派な社会人です)として旅立っていく,いわば,人生における「教育期間」の最後を過ごす場所ということです. 研究室では,それらの集大成を「研究」という形でまとめます.

続きを読む

Why Hideo Saito Lab.?

先輩方はなぜ斎藤英雄研究室を選んだのでしょうか?

その理由を聞いてみました!

理由を見る

Join Us!

ぜひ来年から私たちと一緒に斎藤英雄研究室で研究しましょう!

まずは一度遊びに来てください!

研究室説明会
11月7日(火) 18:15~ @14-202
11月8日(水) 18:15~ @14-201
11月14日(火) 18:15~ @14-211
11月17日(金) 18:15~ @14-202

研究室説明会の日以外のときでも遠慮無く見学に来て下さい.
場所は 24-409,24-411,07-305,07-303 です. 事前の連絡は不要ですが,時間帯によってはミーティング等で人がいない場合があります. 確実に人がいる時間を知りたい等,何か問い合わせ等をしたい場合は b4{a}hvrl.ics.keio.ac.jp までご連絡ください({a}を@に変えてください).